育児

妊娠中に欠かさずしていたケアとは?

3回の妊娠経験から、私が欠かさずしていた身体のケアについてまとめました♪
私の経験がお役に立てますように♪

3回の妊娠での体重変化

まず最初に私の妊娠経験から、身体の変化についてお伝えします♪

  • 上の子妊娠時、26歳で最終的には14キロ増加。
  • 真ん中妊娠時、29歳で最終的に9キロ増加。
  • 末っ子妊娠時、32歳で2キロ戻らぬまま最終的に10キロ増加。

上の子の妊娠時はとにかく情報もなく、ほとんど分からない状態、さらには産院でも体重について注意をされなかったこともあり、お腹がすけば好きなだけ食べ、結果的に14キロ増し。
これでも体重増加が流石にヤバイ!と思った私はマタニティスイミングに通っていました。
なのになんでだろうな?身体の欲求には勝てなかった思い出です。笑

真ん中妊娠時には、上の子の時の経験を踏まえて、かなり食事管理を気をつけました。
夜は鍋を中心に食べて、野菜やきのこ類を多めに摂っていた結果、9キロで抑えることに成功。それに伴って、赤ちゃんの出生体重も真ん中ちゃんが一番小さかったです。

末っ子の際は、そこまで食事の節制はしていませんでしたが、その代わりに上の子たちのお世話があったのと、ちょうどコロナ禍で保育園が休園続き。子供達の体力を消耗させるために、2.3時間お散歩しながらランチしにいったり、産院までも片道30分かけて歩いて行ってました。

こうやって比べてみても、自分の妊娠状態も都度違うことに気づきます。
同じ出産はないのと同じで、同じ妊娠もないですからね。妊娠は本当にすごい経験なんだと感じます。

妊娠初期にしていたケアとは?

妊娠初期の頃にしていたケアとしては、やはり葉酸の摂取です。
子供を希望する方や、妊娠中もよく葉酸を取り入れましょう!と言われますが、なぜだか知っていますか?

妊娠初期に葉酸が不足していると、先天性異常の発症が高まると言われています。
葉酸を摂取したからといって必ずならないわけではないですが、リスクを減らせるなら摂取しておきたいですよね。

そもそも葉酸って何?

葉酸はビタミンB群の一種で、ほうれん草、ブロッコリー、柑橘類やレバーに多く含まれています。
摂取することで身体の調子を整える働きがありますが、身体に貯めておくことができないので、毎日摂ることが必要なんです。

そんなこと言っても毎日食事で摂るのも大変なので、摂取しやすいサプリに私は頼っていました♪有名どころのベルタ葉酸サプリ
妊婦さんはいろんなところで耳にすることが多いと思います。

いろんな葉酸サプリがある中で、私が選んだ理由は
産婦人科が推奨する葉酸サプリであること、無添加数が業界No.1だったこと。

この2つが大きな決め手でした。
実際に私の周りでもベルタを選んでいる子が多かったです♪
現在は5年連続売上No.1になっていて、沢山の妊婦さんに愛用されていることがわかります。

6ヶ月お届けコースで初回は66%オフの1,980円で始められるのでお得です!
送料も無料なので、始めやすいですよねぇ〜。私の頃はこういったキャンペーンがなかったので、羨ましいです・・・

ぜひ試してみて下さいね♪

妊娠中のボディケア

大きくなるお腹と共に心配なのが妊娠線
私の場合普段から入浴後にボディークリームで保湿する習慣があったので、そこまで新しいケアというわけではなかったのですが、その普段からのケアがあったことで、3回の妊娠でも妊娠線が1つも出来なかったんだと思っています♪

でも妊娠中ってやっぱりデリケートなので、今まで使っていたクリームが合わなくなることもあり得ます。なので成分にも気をつけたいところ。
そこで妊娠中から産後も使える、さらに赤ちゃんも使える商品なら安心!と思った商品が
ベルタマザークリーム

ベルタマザークリームは

  • 5つのオーガニック成分
  • シラノール誘導体
  • コンザエイムQ10
  • ヘスペリジン

が配合されていて肌の奥まで潤いを浸透させ、角質から徹底する成分なので高い保湿力が期待できます。

私の経験上、お腹が大きくなっていくにつれて肌が痒くなってきます!
クリームを都度塗るわけにも行かないので、一度で高い保湿力を保てるクリームはマストだと思っています。
そしてお腹以外に見落としなのが、バスト、二の腕、太ももです。
ここも体重増加と共に肉割れが起きやすいところなのでケアが大切な部分となります。

無添加であることも私の中では大きなポイントでした♪

妊娠線は子供を授かった大きな印とも言えます。なので出来ることが悪いことではないです。ですが、お母さんになってもキレイでいたいと思う気持ちは皆同じだと思います。

妊娠中には他に考えることや不安もつきものです。
お腹が乾燥して痒くなり、そっちのことで頭がいっぱいになるより、お腹の赤ちゃんに意識を向ける時間を増やせた方が良いのではないかと思います。

公式の購入はこちらから可能です♪


産後の身体

産後の身体って、想像もできないほどのダメージを負っています。
食事もきちんと摂りたいけど、なかなか難しいのが現実です。赤ちゃんのお世話で精一杯で、お母さんの身体は後回しにしてしまいます。
今は家事代行とか色々あるけど、私はやっぱり気を使ってしまうのでなんだかなぁ〜って思っていました。スッピンで髪ボサボサの状態で出れないですよね?私だけ?笑

そこで助かるのがレトルトだったり、冷凍食品!!
お祝いで赤ちゃんの物をもらうことが多いと思うのですが、もし何が良い?と聞いてくれる方がいれば、お母さん自身の物をいただくのもいいと思いますよ♪

オススメなのがスープ♪
身体を冷やすのは母乳にも良くないので、簡単にあったまることができ、なおかつ野菜も摂取できるのであれば最高です。


無添加なので母乳も安心ですね♪
セット売りがあるので、ストックもできて最高です。

まとめ

妊娠中から産後にかけて、身体の変化になかなかついていけない方も多いと思います。
私自身、お腹が大きくなるにつれてスタイルもどんどん悪くなるし、鏡を見るのも嫌になったりしていました。
デブ!って思われたくないし、キレイでいたいっていう女性の心はみんな同じですよね。
周りから見たらそんなこと全く思わないのに、自分では受け入れられなかったりするんですよね〜。すごくよくわかります!!

子供はお金もかかるし、なるべく節約しながらマタニティライフを過ごしたいですよね。
オススメの商品なども今後投稿していこうと思いますので、楽しみにしていて下さいね♪



ABOUT ME
ゼニ子
元未婚の母。現在はプライベートネイルサロンを開業して3年、3児の母です♪出身は山口県、育ちは東京、現在神奈川県住みの33歳のワーママです♪